臨 床 評 価
Rinsho Hyoka (Clinical Evaluation)
Japanese/English
無料カウンター
 Since: 26 Jun. 2017

Since: 1 Jul. 1997
Last Updated: 13 Oct. 2017
  
●共催シンポジウム:
 IRB委員のリスク・ベネフィット評価の方法論と審査結果の基準 韓国三星(サムソン)ソウル病院(AAHRPP認証機関)に学ぶ
●特集:5th World Centenarian Initiative 脳卒中予防・治療戦略国際シンポジウム,生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第3回)
    ⇒ 内容詳細&申込み用紙
●特集:生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第2回),2nd Taiwan-Japan ARO Workshop,ASIA ARO Network Workshop
    ⇒ 内容詳細&申込み用紙
●特集:第14回 瀬戸内国際臨床試験カンファレンス,生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第1回)
    ⇒ 内容詳細&申込み用紙
●TGN1412特集/first-in-human(FIH)関連資料 ⇒ 内容詳細&申込み用紙
●治験審査委員会ハンドブック ⇒ 内容詳細&申込み用紙
バックナンバー一覧
過去のシンポジウム一覧

「臨床評価」最新号のご案内
UP日
2017.08.31 Vol.45, No.2, Aug. 2017
5th World Centenarian Initiative 脳卒中予防・治療戦略国際シンポジウム/生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第3回)


臨床評価コントローラー委員会
「臨床評価」誌コントローラー委員会

「臨床評価」最新号のご案内
「臨床評価」誌 最新号の内容です。メールまたはFaxでの問い合わせをお待ちしています。


Vol.45, No.2, Aug. 2017
5th World Centenarian Initiative 脳卒中予防・治療戦略国際シンポジウム/生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第3回)

5th World Centenarian Initiative International Symposium on Stroke / The past, present and future of bioethics and research ethics (Part III)
 
目   次
 
巻頭言福島 雅典272-4Full text
 
5th World Centenarian Initiative
 脳卒中予防・治療戦略国際シンポジウム-健康寿命延伸への貢献-

               代表世話人:松本 昌泰
               主催:公益財団法人 先端医療振興財団 臨床研究情報センター
275-368Abstract
・Opening remarks  
 開催の挨拶松本 昌泰278-9
・Keynote address 
 わが国の非心原性脳梗塞再発の現状と予防鈴木 則宏280-5
・Special address 
 日本における脳卒中の現状三浦 公嗣286-9
・Session I:Risk factors and biomarkers for the prevention of stroke  
 脳卒中発症の危険因子とバイオマーカー北川 一夫290-5
 脳卒中の危険因子と予防鴨打 正浩296-302
 Stroke registry in outcome and translational researchJiann-Shing Jeng303-8
 Transient ischemic attack (TIA) revisited: Clinical significance and managementYong-Seok Lee309-12
・Session II:Advances in cerebrovascular biology and neuroimaging of stroke
 Translational stroke research: A personal perspectiveMarc Fisher313-7
 急性期脳梗塞に対する血管内治療の進歩と今後の展望山上  宏318-22
 Cnm陽性齲蝕原性細菌に起因する脳内出血と深部微小出血:新たな予防法開発への戦略猪原 匡史323-8
・Session III:Acute treatment
 脳卒中の急性期治療木村 和美329-33
 MRによる脳梗塞急性期の病態診断五十嵐博中334-8
 Neuroprotection of neuroserpin in cerebrovascular diseases: From bench to bedLiang Wang339-42
・Session IV:Neuro-recovery and rehabilitation 
 Intravenous transplantation of autologous mesenchymal stem cells derived
  from bone marrow into stroke patients
Osamu Honmou343-6
 Intra-arterial stem cell therapy in stroke patientsSoma Banerjee347-51
 Cybernic functional regeneration using Hybrid Assistive Limb (HAL) for the patients
  with neuromuscular and cerebrovascular diseases
Takashi Nakajima352-7
 Restoration of post-stroke upper limb paralysis with BMI neurorehabilitation:
  From basic neuroscience to clinical application
Meigen Liu358-62
・Closing remarks  
 閉会の挨拶永井 洋士363-4
 福島 雅典365-8
 
生命倫理と研究倫理の過去・現在・未来(第3回)  
・生命倫理の源流と新たな潮流  
 論説:軍民両用(デュアルユース)研究とは何か-科学者の使命と責任について福島 雅典369-81Abstract
・「ダークツーリズム」とは何か
 ダーク・ツーリズム:バイオエシックスの新たな地平木村 利人383-93Abstract
 ダークツーリズム:命の尊厳への挑戦か,鎮魂の旅か齊尾 武郎395-402Abstract
 ダークツーリズムと「人間の復興」-被災者の経験に学び,原発事故をともに記憶する-島薗  進403-11Abstract
 ダークツーリズム:災害医療の視点から冨岡 譲二413-8Abstract
 広島・長崎・チェルノブイリから福島・南アフリカへの旅栗原千絵子419-29Abstract
・人を対象とする研究に関する国際動向
 解説:人を対象とした研究にかかる米国連邦規則の改定:コモンルール改定の経緯と新規則佐藤  元,冨尾  淳431-4Abstract
 翻訳:連邦規則集 第45編(厚生関係,保健福祉省),パート46(被験者保護),
  サブパートA(ヒト被験者の保護のための保健福祉省の基本規則)
(訳 冨尾  淳,佐藤  元)435-53
 原著:米国における臨床試験規制と研究対象者保護規制栗原千絵子455-80Abstract
 原著:ICMJE臨床試験データ共有の声明の背景と今後の課題栗原千絵子,齊尾 武郎481-92Abstract
 翻訳:論説 臨床試験のデータ共有に関する声明:医学雑誌編集者国際会議の要件Darren B. Taichman,
Peush Sahni,Anja Pinborg,他
(訳 齊尾 武郎,栗原千絵子)
493-6
 
投稿規定(和文・英文) 497-505Full text
 
編集後記内田 英二507Full text


(株)臨床評価刊行会

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 メゾン・ド・エビス502号
Tel: 03-5489-6501 Fax: 03-5489-6517
e-mail: cont@nifty.com URL: http://cont.o.oo7.jp/
ご意見・ご質問は電子メールまたはFaxで