Vol.47, Suppl XXXVI 2019
AMEDの達成と世界への飛翔/疾病征圧の道-研究開発エコシステムの確立に向けた大学の使命

Achievements of AMED and exponential research and development in Japan /
The Steps to Disease Control: University’s mission to establish an R&D ecosystem
 
目   次
 
巻頭言福島 雅典4-5Full text
 
<臨床研究リスク管理研究会オープンセミナー>
 AMEDの達成と世界への飛翔~人類の課題解決先進国としての健康・医療イノベーション戦略と取組み~

          企画・構成 臨床研究リスク管理研究会 
7-61 Abstract
 AMEDのミッション:グローバルデータシェアリング末松  誠11-24
 アカデミア発disruptive innovationの創出と疾病征圧の展望福島 雅典25-46
 パネルディスカッション末松  誠,福島 雅典
(セミナー企画・司会
  臨床研究リスク管理研究会,
 三村まり子,栗原千絵子,
 鍋岡勇造,新川雄一,岡本慎一)
47-61
 
疾病征圧の道-研究開発エコシステムの確立に向けた大学の使命
          企画・構成 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター
63-133Abstract
 2007年度から11年間の取り組みと達成-TR推進からイノベーション創出へ-福島 雅典 67-89
 資料 平成31年(2019年)3月28日(木曜日)10:00-12:00開催 文部科学省
  橋渡し研究戦略的推進プログラム 中間評価委員会(第1回)をふまえての提言
福島 雅典 90-1
 第30回日本医学会総会2019中部「難病シンポジウム」
  わが国における難病研究支援体制 難病克服に向けて
   -医療イノベーション創出の現状と展望-
福島 雅典,木村  円 93-104
 医療費,介護等による社会負担の激減のために-地域データ活用拠点
  ならびに治癒的治療の開発促進とその提供基盤整備構想-
福島雅典,河野健一,
小島伸介,他
105-15
 日本骨髄間葉系幹細胞治療学会特別講演
  疾病征圧のあゆみ 脊髄再生医療-原理,歴史,現状,課題,そして展望
福島 雅典,尾前  薫 117-29
 資料 欧州における臨床研究基盤支援組織であるECRINより
  日本で初めてデータセンター認証を取得
131
 資料 -希少・難治性疾患のグローバルな情報を国内へ届けるウェブサイト-
  「Orphanet Japan Website」に111の疾患情報の日本語版を公開
132-3
 
原著
 研究者主導の医療機器開発において,
  Academic Research Organization(ARO)が果たしうる役割:
   チタンブリッジ®の薬事承認に至る事例を題材に
西村 勉,讃岐徹治,
磯野多栄子,他
135-46Abstract
 
国際シンポジウム予告
 第40回日本臨床薬理学会学術総会(2019年) 会長企画シンポジウム
 国際共同研究における研究倫理の新潮流
   「ヘルシンキ宣言」-新たな潮流と直面する課題
               Dr. Otmar Kloiber,世界医師会事務総長
   国際共同健康関連研究に関する倫理の過去,現在,未来:
    ユニバーサル・ヘルスケア・アクセスに向けて
               Prof. Dirceu Greco,Minas Gerais連邦大学名誉教授
147-9Full text
 
投稿規定(和文・英文)  151-9 Full text
 
[電子版のみ]
Symposium Announcement
 Presidential Symposium in the 40th Annual Scientific Meeting
 of the Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics, 2019
 International collaborative research and new trends of research ethics
    “Declaration of Helsinki: Challenges and new trends ahead of us”
              Dr. Otmar Kloiber, M.D., Ph.D.,
              Secretary General, World Medical Association, Inc.
    “The past, now and future of ethics of international health resarch
     as a stepping-stone to universal public health care access”
              Dr. Dirceu Greco, M. D., Ph.D.,
              Emeritus Professor, Federal University of Minas Gerais
161-3
W1-W3
Full text


「臨床評価」誌 トップページへ
「臨床評価」誌 各号の目次へ