Vol.29, Suppl XVI 2001  一般用医薬品と伝統薬の臨床評価
Clinical Evaluation of OTC Drugs and Traditional Drugs
   
目 次
 
序文清水直容・津谷喜一郎iii-v
 
新一般用医薬品の開発と評価に関する国際シンポジウム プログラム vii
伝統医学臨床評価研究会 第100回記念公開シンポジウム プログラム viii
 
T.新一般用医薬品の開発と評価 1-86
    新一般用医薬品の開発と評価に関する国際シンポジウム  
 
   著者略歴 2
 
   1.日本の一般用医薬品(OTC)の現状
      −その期待される役割とあり方−
山崎幹夫3-11
 
   2.日本の使用実態試験に関する研究清水直容13-22
 
   3.スイッチOTC薬のAUTパイロットスタディについて野谷譲二23-8
 
   4.米国におけるスイッチOTC薬の開発と評価の現状Michael Weintraub29-40
 
   資料  
 
   1.厚生科学研究費補助金(医薬安全総合研究事業)総括研究報告書
     新一般用医薬品の使用実態試験の実施に関するパイロット的研究
清水直容・他41-67
 
   2.FDAの非処方薬・消化器系合同諮問委員会の記録 69-86
 
U.伝統薬の臨床評価の現状と将来 87-172
    伝統医学臨床評価研究会第100回記念公開シンポジウム  
 
   著者略歴 88
 
   1.日本の伝統医学の臨床評価の過去・現在・未来
      −伝統医学臨床評価研究会全100回のあゆみを含めて−
津谷喜一郎89-106
 
   2.食薬区分と臨床評価齋藤 洋107-16
 
   3.薬局における一般薬の臨床試験(under construction)清水直容117
 
   4.漢方エキス製剤の臨床評価の現状上之園秀基119-27
 
   5.米国における生薬製品の臨床評価(under construction)天ヶ瀬晴信129-42
 
   6.肝炎に対する漢方薬の有効性に関する
      コクラン・システマティック・レビュー
劉 建平143-59
 
   7.パネルディスカッション 161-72


「臨床評価」誌 トップページへ
「臨床評価」誌 各号の目次へ